魚類のゲノム編集研究施設見学会を行いました

2020.11.19

令和2年11月17日、唐津市水産業活性化支援センター内九州大学アクアバイオリソース創出センター唐津サテライトにて、魚類のゲノム編集研究施設見学会を行いました。

当日は、事前に申し込みをいただいた参加者の皆様と共に、村山センター長による施設のご紹介、九州大学 松山教授、大賀助教授による研究内容のご説明を伺い、その後、研究施設や、隔離水槽室内で飼育されているゲノム編集マサバの泳ぐ様子などを見学することができました。
これらの見学会を通じ、ゲノム編集の研究状況について理解を深めることができました。

 

松山教授による研究紹介の様子

 

DNA実験室見学の様子

 

 

ゲノム編集マサバの見学、大賀助教による解説の様子

 

ゲノム編集マサバの飼育水槽

 

弊社は、令和2年度農林水産研究推進事業(アウトリーチ活動強化)を受託しており、当該事業における取組の一つとして、本見学会を開催いたしました。
本見学会は、コロナウィルス対策を徹底し、安全を保ったうえで実施いたしました。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

ゲノム編集技術(農水省ホームページ)はこちら→https://www.affrc.maff.go.jp/docs/anzenka/genom_editting.htm

 

< 記事一覧へ戻る

バックナンバー

↑

Copyright © DRAGON AGENCY CO. LTD., All Rights Reserved.